読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


第10回プロデュース・カフェ  直前レポート第2弾

プロデュース・カレッジ(直前レポート)

【第10回プロデュース・カフェ  直前レポート第2弾】
いよいよ今週末18日(土)に第10回プロデュース・カフェ 「時代の変化をいかに読み解くか〜イノベーションこそ日本の活力」が開催されます。

 元富士ゼロックス常務取締役であり、現アキ・インターナショナル代表でいらっしゃる上谷達也氏を迎え、今後、日本がイノベーションを起こしさらに成長していくために必要なことを皆さんと一緒に考えてみたいと思っています。

 “これからのビジネスでイノベーションを生み出すには「デザイン思考」が重要だ”ということがよく言われているようですが、そもそも「デザイン思考」とは何でしょうか?
 
「デザイン」とはアートなどクリエイティブな作品作りや洋服などの物づくりの事を思い浮かべる方が多いかと思いますが、「デザイン思考」とは人々のニーズや夢、行動を調べることから始まります。そしてそれらを具体的に言葉や文字にして人に伝え、異分野の人たちがコラボレーションしながら、実際に何度も商品などを作り、最終的に形(商品など)として結果を出す、というプロセスであると考えます。

 新たな商品も元を辿れば誰かの「こんな物が欲しい」「こんな物があったらいいな」という「思い」から、それらを商品化した「物」が消費者である私たちに手元に届けられています。それらは「デザイン思考」により生み出されたものであると思います。

 今回ご講演いただく上谷氏は、「デザイン思考」の普及により、イノベーションを起こす人材の育成と組織開発を行う事業を展開する「一般社団法人デザイン思考研究所」の理事も務められており、日本でのイノベーション創出のためにご尽力されておられます。
 ZESDAでも、普段の生活や社会に潜むニーズをとらえ、よりよいライフスタイルや社会のありかたをデザインし、既存の技術やさまざまな分野の人材を新しく組み合わせ、未来の市場を創り出す力「プロデューサーシップ」の理念を軸に活動を行っています(ZESDA HP:
プロデューサーシップ|NPO法人ZESDA - プロデューサーシップで新しい市場を拓く )。
 
 今回のプロデュース・カフェでも、身近にある「物」を作り出すことを考えながら、上谷氏のグローバルなお話を聞きつつ、「デザイン思考」からイノベーションを生み出す過程を体感していただけるようなワークショップをご用意しております!きっと楽しく、有意義な時間を過ごせると思います。
 
私たちZESDAのメンバーがその思いをサポートさせていただきます!
皆様のご参加を楽しみに、お待ちしております!


 →参加申込ページ: 1月18日 第10回プロデュース・カフェ「時代の変化をいかに読み解くか」(東京都)

=========================================================================
【第10回 プロデュース・カフェ】

「これからの時代の変化をいかに読み解くか〜イノベーションこそ日本の活力〜」
■内容: 上谷氏講演、およびワールド・カフェ形式でのワークショップ
■日時: 2014年1月18日(土)14時〜17時
■場所: 日本経済大学渋谷キャンパス246ホール (東京都渋谷区桜丘町24-16)
■参加費: 資料代、会場費として参加費2,000円(学生1,000円)を当日、受付にていただきます。
 イベント終了後、懇親会を行う予定です。
 ※懇親会費は3000円前後を予定しております。
=========================================================================

どうぞよろしくお願い致します。

広告を非表示にする