ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


1/14開催 第5回トーキョー会議『未来の共創 / Building a common future』

トーキョー会議とは、在日国際人材向けの市民活動フォーラム(公開討論会)であり、以下の目的で定期的に開催しております。
Ⅰ 日本社会の多様な集団・コミュニティー間での「内なるグローバル化」に関する議論を促進すること
Ⅱ 日本の市民社会において在日外国人の声を発信すること

アジェンダ
日時 : 2019/1/14(月)*成人の日 13時00分~18時00分
場所 : 3x3lab Future (東京都大手町)
参加費 : 1,000円 現金のみ
言語  : 日本語・英語
※詳細はfacebookホームページやご案内メールをご覧ください。

以下のリンクよりご応募をお待ちしております。(定員を超えた場合、抽選となります)
If you are interested in participating in Tokyo Kaigi 2019, please send us your information through the following link.
(more applications that expected, the participants will be selected by lottery)
https://goo.gl/forms/lBA7GMxu1dHSiIx72goo.gl


(English follows Japanese)
■トーキョー会議とは、在日国際人材向けの市民活動フォーラム(公開討論会)であり、以下の目的で定期的に開催しております。

Ⅰ 日本社会の多様な集団・コミュニティー間での「内なるグローバル化」に関する議論を促進すること
Ⅱ 日本の市民社会において在日外国人の声を発信すること
共催団体として、NPO法人ZESDAと文部科学省国費留学生協会からの支援も頂いております。

■これまで計4回開催しております。
トーキョー会議は、元々外国人留学生向けのカンファレンスイベントとして2014年12月に発足しました。
毎年参加者数は100名を超え、その大多数が社会人です。

2017年開催報告
http://zesda.hatenablog.com/entry/2017/10/21/214653
2016年開催報告
http://zesda.hatenablog.com/entry/2016/12/28/020854

過去の講演者・登壇者として、以下の方々(一部)をお招きしました。
 2015年 多田幸雄氏(経済同友会会員・双日総合研究所社長)
 2016年 井上洋本氏(日本経済団体連合会本部長)
 2017年 東浦亮典氏(東急電鉄執行役員)、宇野常寛氏(批評誌PLANETS代表・編集長)

■今回のテーマは、未来の共創 / Building a common future。

イベント参加者によるグループディスカッションでは、以下2つの議題について議論して頂く予定です。
Ⅰ 在日外国人労働者のローカル・コミュニティーへのインテグレーションをどのように促進すればよいか
How can we encourage the integration of immigrants in local communities in Japan?
Ⅱ 日本の組織はどのようにすればグローバル人材が確保・保持できるか
How can organizations in Japan attract and retain global talent?

今回の基調講演者:柴崎洋平氏
(フォースバレー・コンシェルジュ株式会社代表取締役;外国人留学生のための就活サイトTOP CAREER運営)

パネルディスカッション登壇者:
河田博孝氏(アクセンチュア株式会社通信・メディア・ハイテック本部マネージングディレクター兼インクルージョン&ダイバーシティ クロースカルチャーダイバーシティ日本統括)
Khanh LeViet氏(Vietnamese Professionals in Japan共同創立者
明石純一氏(筑波大学准教授、博士)等
計4名登壇予定

--English--
■TOKYO KAIGI is an annual civil society forum for the internationally-minded community living in Japan.
It is held with the following two aims:

Ⅰ To inspire dialogue among various groups in Japanese society about the opportunities and challenges presented by internal globalization
Ⅱ To represent in civil society the voice of the international community living in Japan

■TOKYO KAIGI first began in 2014; in the past four years, it has grown from an international-student-centric speech event to a civil society forum that engages both Japanese and foreigners, working professionals and students in thinking and discussing about issues related to globalization.
We have had over 120 participants each year, approximately half of which are working professionals.

The past event:
2017
http://zesda.hatenablog.com/entry/2017/10/21/214653
2016
http://zesda.hatenablog.com/entry/2016/12/28/020854

Keynote speakers in the past have included:
 Mr. Hiroshi Inoue (Japan Business Federation, Education and sports division head),
 Mr. Yukio Tada (Japan Association of Corporate Executives, Sojitz Research Institute CEO),
 Mr. Ryosuke Toura (Tokyu Corporation Executive Officer),
 Mr. Tsunehiro Uno (Writer and editor of “PLANETS”, a review magazine).

■Tokyo Kaigi Conference 2019 theme is 'Building a common future'.
We hope to inspire forum participants to think deeply about these questions and more, and discuss differences in opinion for the following sub-themems.

Ⅰ How can we encourage the integration of immigrants in local communities in Japan?
Ⅱ How can organizations in Japan attract and retain global talent?

This year’s keynote speaker:
- Mr. Youhei Shibasaki
CEO of Fourth Valley Concierge Corporation

Panel discussion guests:
- Mr. Hirotaka Kawata
Managing director of Accenture CMT; Japan Leader of Inclusion&Diversity, Cross Culture Diversity
- Mr. Khanh LeViet
Co-founder of Vietnamese Professionals in Japan
- Mr. Jun-ichi Akashi
Associate professor of University of Tsukuba
facebook
https://www.facebook.com/events/761810440832272