ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


登壇者ご紹介【宇野常寛氏】4月13日(土)第2回地方創生交流会「スローライフ、スローツーリズムのススメ」

4月13日(土)第2回地方創生交流会「スローライフ、スローツーリズムのススメ」第2部ではスペシャルゲストとして評論家の宇野常寛氏をお招きします。宇野氏はどういう人物か、なぜ今回のイベントに登壇してくださるのか。当法人代表の桜庭からご紹介いたします。


ーーーーー

宇野常寛氏は、現代日本最高の評論家です。
 いわくつかみがたい、隠れてしまいやすい、物事の本質を的確に言語化する点で、稀代の天才であると断言できます。
 彼は、彼が大好きな仮面ライダーやアニメの評論で高名なので、サブカルの評論家として有名ではありますが、それは彼の才能のほんの一面に過ぎません。
彼にとっても、現代社会の真実を読み解いていく上で最初の入り口に過ぎないのではないでしょうか。


 例えば、今をときめく落合陽一氏が何を考えているのか、落合氏がまだ無名の折に最初に解説したのも彼です。
 これが何なのか、まだ誰にもよくわからないくらい最先端のものについて、輪郭を与え、その意義を解説する点において、彼は近代史上最高の才能を持った評論家かもしれません。
 そのくらい僕は尊敬しています。


 ZESDAメンバーのひとり橘宏樹君が宇野常寛氏のメディアPLANETSで連載を持ち本を出版したのが、ZESDAとのなれそめです。2013年くらいからでしょうか。
それ以来、ZESDAとPLANETSは組織全体で意気投合し、様々な活動で連携を深めています。彼を講師に一緒にイベントもしました。
「2020年の東京をプロデュース」 第17回プロデュース・カレッジ 開催報告
zesda.hatenablog.com


 また、ZESDAに縁のあるいろいろなキャラクターを彼に紹介したことで、(ZESDAの活動introduceの発動です。)PLANETSのコンテンツになったものもいくつかあります。


 一緒に春蘭の里にも行きました。
 一緒に山に入り、きのこをとり、山菜料理を食べました。
 大きな杯で日本酒を飲み干し、一緒に世界チャンピオンのジェラートを食べました。
 その一方で、妥協なく、ZESDAにも多田喜一郎氏にも鋭い質問を浴びせてきます。
 どれだけ仲良くなっても、なれ合いにはならないのです。
 そこには評論する者とされる者の間の非常な緊張感があります。
 仲良くなって得られた情報で、彼の純粋な評論の目は、常に鋭く研ぎ澄まされ続けるのみです。


 彼は、我々の理念やパラレルキャリアの可能性と春蘭の里のポテンシャルに、じっと目を凝らしてくれています。ここで何が起きているのか。見定めてくれている最中です。


 僕たちは、彼に負けないくらい、ピュアに、真の持続可能な地方創生のために、具体的に行動しています。それは同時に、都市の役割の再定義にもつながっています。
 カギは、地方が固有の美を損なうことなく、都市の人々のコネとチエを得ながら、海外の客に対応できる能力を備える点にあります。


 そんな僕たちは、「本当は」何をしているのか。「実は」何をしているのか。彼の口から、僕たちが思いもよらないような言葉で描写してもらえる日を僕は楽しみにしています。
 僕たちの活動が何かしら、キラリとする、世の真実の一端をかすっているならば、きっとその日は来るでしょう。とはいえ、彼に仮に酷評されることがあろうとも、僕たちの信念と歩みは止まらないのですが。


 そう、今週末のイベントは、ZESDAと宇野常寛の、これからも続く対決の一幕でもあるのです。


 真実から目を背けない挑戦者たちの、バチバチな火花散る同盟関係。それが今週末のイベントの裏テーマだったりもします。天才の眼光と舌鋒を、是非、目の当たりにいらしてください。
 以上で、宇野常寛氏の紹介に代えます。


NPO法人ZESDA代表
桜庭大輔

f:id:ZESDA:20181021153600j:plain


【開催概要】
NPO法人ZESDA主催 第2回地方創生交流会
スローライフ、スローツーリズムのススメ」
申込み→https://shunrannosato2.peatix.com
shunrannosato2.peatix.com

※第1部、第2部どちらもご参加の方はそれぞれお申込みください。
※当日の参加受付はございません。
※Peatixのお申込み期限は以下の通りです。
・販売期限: 2019/04/12 13:00:00
・コンビニ / ATM でのお支払いは、2019/04/11 で締め切られます。

第1部:「地方で過ごす新しいライフスタイルの提案」
~田舎暮らし体験!長期滞在、期間限定滞在のススメ!~
トークセッション&ワークショップ(ランチ付き)

時間: 受付開始11:45  
12:00〜14:00まで
参加人数:15名 (先着順)
参加費:@2000円
(小学生以下無料。大人1名につきお子様2名までとさせていただきます。
幼児用のお食事の用意はございません。予めご了承ください。)

<タイムスケジュール>
12:00~ 開会あいさつ、趣旨説明
<司会・進行> 
NPO法人ZESDA カレッジ部門長 清水章代
12:10~ トークセッション
「春蘭の里で過ごす新しいライフスタイルの提案」
<ゲストスピーカー>
○春蘭の里 多田喜一郎氏 
○石川県、春蘭の里をサポートしている春蘭の里 マドンナ1号さん
○石川県穴水町(春蘭の里近く)でお菓子作りをされている 小森夫妻(当日動画参加予定)

12:50~ワークショップ
「私のスローライフ~こんな暮らしができたらいいね!~」
→地方や春蘭の里に住んだらこんなことしてみたい!
→こんなところだった住んでみたい
など、参加者の方に簡単に希望や思いなどを書いていただきます。

13:20~ランチタイム
・春蘭の里の旬の食材を使用したランチ
(献立は後日お知らせします!山菜は必ず提供いたします)

集合写真撮影
14:00 終了

※続けて第2部ご参加の方も一度ご退出いただきます。(準備のため)
ご協力お願いいたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第2部:春蘭の里交流会(食事&お酒付き)
「新しい可能性、サードプレイスとしての地方」
時間:受付開始 16:15~
16:30〜19:30まで
参加人数:30名 (先着順) 
参加費:@3500円

<タイムスケジュール>
16:15受付開始 
16:30~
開会あいさつ、1年間のZESDAの活動報告
NPO法人ZESDA インキュベーション部門長 瀬崎真広

トークセッション> 
16:50~ 「地方の新しい可能性、サードプレイスとしての場」
<ゲストスピーカー>
○春蘭の里 多田喜一郎氏 
○石川県、春蘭の里をサポートしている春蘭の里 マドンナ1号さん
○評論家/批評誌「PLANETS」編集長 宇野常寛
 
18:00~ ~食事タイム~

献立
(現時点での予定です。内容は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。)
・山菜天ぷら
・春蘭の里のお米を使ったおにぎり
・山菜漬物
・刺身
・お酒(注:飲み放題ではありません。春蘭の里のお酒を少し味わっていただきます。
持ち込み不可、当日の販売ございません。予めご了承ください)
・デザート
etc

19:20~ 閉会の挨拶・ZESDA活動説明
NPO法人ZESDA 理事長 桜庭大輔
集合写真撮影

19:30 終了