ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


【メディア掲載】コロナ禍でもできること、コロナ禍だからできること〜能登町で高校生とワークショップ〜

 当NPO法人では、石川県能登町の「春蘭の里」に地域活性化の活動フィールドを提供いただいております。
 今回、この石川県能登町に関係する2つのイベントに参加する機会をいただきましたので、ご紹介します。

■第3回鳳雛ゼミ(2020年12月5日開催)
 鳳雛ゼミは、能登高校と能登高校魅力化プロジェクト「まちなか鳳雛塾」が協力して企画・実施する課外学習の場です。
 2020年度第3回鳳雛ゼミでは、能登の産業×社会的企業をテーマに、当法人の瀬崎が『春蘭の里が取り組む共創的課題解決』と題して講演を行いました。
f:id:ZESDA:20210616203901j:plain


■Mission for 能登~海の祭ismプロジェクトinとも旗祭り~(2021年5月30日開催)
 このイベントは、コロナ禍で2年連続中止となった石川県能登町で受け継がれてきた海の祭り「とも旗祭り」をテーマに、海の祭りを未来へつないでいくため、全国から集まった大学生が地域の方々と協同して祭りの魅力を全国に届けるアイデアを考えるプログラムです。(主催:一般社団法人マツリズム
 5月30日のイベントでは、当法人の瀬崎がワークショップに参加し、大学生とともに祭りの魅力を深掘りしました。
f:id:ZESDA:20210616203923j:plain


 新型コロナの影響で社会活動が大きく制限されている状況ですが、ZESDAでは「コロナ禍でもできることがある、コロナ禍だからこそできることがある」を信念に、ノンストップで地域活性化に取り組んでいきます。

【開催告知7/2@無料オンライン】2021年 第3回プロデュース人材育成講座 「知識集団からのイノベーター育成への挑戦と、イノベーションによる誰もが幸せになる共生社会構築への試み」

 2021年からのプロデュース人材育成講座は、現場における実践知をより立体的に深めていくため、プロデュースする側とされる側の「関係性」に関する研究に踏み込んでいきます。

 第3回目の今回は、(株)リバネス代表取締役グループCEO丸幸弘氏より「知的集団からイノベーター育成への挑戦」と、(株)ユーグレナ執行役員研究開発担当鈴木健吾氏より、「イノベーションによる誰もが幸せになる共生社会構築への試み」の事例についてご講演頂きます。なお今回は、つくば科学・技術産業イニシアティブとの共催講座となります。

 日本社会の知的集団がいかにそれぞれのプレーヤーと協働しつつ、研究成果の社会的価値づけ、人材育成・イノベーションといった役割を発揮し、継続的なエコシステムを構築することができるのか。また、知的集団と知的集団から生まれたイノベーターが、協働しつつ、それぞれの役割を果たしていくなかで、いかに多様性をもった共生社会を構築することができるのか。実際の協働・コミュニティ構築の現場ではどのようなやり取りが行われているのか。

 今回の講演では、イノベーション・プロデューサーとして、(株)リバネス 代表取締役 グループCEO丸幸弘氏、イノベーターとして、(株)ユーグレナ 執行役員研究開発担当 鈴木健吾氏をお迎えし、知的集団からどのようにイノベーターを生み出すか、知識製造業として事業化するかの具体的事例とそこから見えてきた大学、自治体、地域をまきこんだ新しい循環型社会構築への挑戦についてお話頂く予定です。

 当日は、丸幸弘氏、鈴木健吾氏からのご講演の後、久野氏をモデレータとして、自由な意見交換・ワークショップを行なう予定です。

 是非、ご参加ください!

f:id:ZESDA:20210612205044j:plain

■2021年 第3回プロデュース人材育成講座
 「知識集団からのイノベーター育成への挑戦と、イノベーションによる誰もが幸せになる共生社会構築への試み」
■講師(敬称略)
・丸幸弘 (株式会社リバネス代表取締役 グループCEO)
鈴木健吾 (株式会社ユーグレナ 執行役員研究開発担当)
・久野美和子 (国立大学法人電気通信大学客員教授
■開催日時
 2021年7月2日(金)19時00分~21時00分
■会場
 オンライン
 ※ 本講座はZOOMを用いたオンラインセミナーです。お申込いただいたメールアドレスに、ログイン情報をお送りします。
■参加費
 無料
 ※ 当日、ログインが遅い方はご視聴いただけない場合がございますのでご了承ください。
 ※ お申込いただいた方には当日の動画記録をお送りします。
■参加申し込み
 https://www.kokuchpro.com/event/producership_109/

www.kokuchpro.com

【ZESDAシリーズ連載】グローカルビジネスのすすめ#8 『海外進出白書』から読み解くグローカルビジネスのトレンド 鷲澤圭

 中小企業の海外進出が専門の明治大学・奥山雅之教授とNPO法人ZESDAによるシリーズ連載「グローカルビジネスのすすめ」。地方が海外と直接ビジネスを展開していくための方法論を、さまざまな分野での実践から学ぶ研究会の成果を共有していきます。

 今回は、株式会社Resorzにて海外進出プラットフォーム「Digima~出島~」 の編集長を務める鷲澤圭さんが、多くの企業からの相談を元にまとめたレポート「海外進出白書」でのデータを元に、コロナ禍によって大きく変化した海外進出をめぐるビジネス環境の変化と意外なチャンスの到来を解説します。

note.com

入院、退院、呼吸困難を経て、1ヶ月分ぶりにYouTubeを投稿しました

現在闘病中の当団体のパラレルキャリアスタッフ中村龍之介さんが、新たな動画を公開しました。
https://youtu.be/uJXQ9jX-nac
過去動画では皆様から暖かい応援の言葉をいただき、中村さんにとって大きな励みとなっています。
今回の動画も是非ご覧いただき、そして応援をお願いします。

新たな動画公開にあたり、中村さんからメッセージをいただきましたので、以下に掲載いたします。
/////////////
余命1ヶ月宣告を受けてから、2ヶ月ほど経ちました。
病状は少しずつ悪くなってはいますが、なんとかまだおいしい空気を吸えてます。
5月は、治療の副作用や腫瘍による合併症により、コンディション不良が続いた月でした。
また、腫瘍による影響で血中のカルシウム値が高くなり、軽い意識障害が生じたので、抑えるための点滴を受けました。
しかしその晩に、高熱と呼吸困難が生じて救急車に運ばれ、3日前まで1週間入院してました。
そして、無事退院したものの、その日は長期的な呼吸困難に襲われ、死も覚悟しました。
それでもこうしておいしい空気を吸えて生きていられるということは、こんなにも幸せなことなんだと強く実感することができました。
そして、体調が良くなったので、1ヶ月ぶりにYouTubeを投稿しました。
過去動画も本当にたくさんの方に見ていただけて、一番多い動画で約56万再生、全動画合わせて約100万再生、チャンネル登録者数も12700人にもなりました。
これは、僕をいつも支えてくれている彼女と母親の存在、編集してくださっている瀬崎さん、動画を通して応援してくださっているみなさんのおかげだと日々感じてます。
本当に感謝しかないです。
そしてこれからも、体調が許す限り、病気の僕にしか出せないメッセージを届けていきたいと思います。

youtu.be

【開催告知6/14@無料オンライン】FlashセミナーVol.30 グローカルビジネスのすすめ

NPO法人ZESDAは、6月14日(月)に『FlashセミナーVol.30 グローカルビジネスのすすめ』を開催します。

withコロナ時代の地方を救うのは「インバウンド」ではなく「グローカルビジネス」――。「グローカルビジネス」とは、地域資源を活用した製品・サービスによってグローバル市場へ展開するビジネスです。今回は、成熟した日本市場を越えて世界市場へと挑戦する「グローカルビジネス」の可能性と課題を探ります。

ぜひ、ご参加ください!

f:id:ZESDA:20210601212801j:plain

FlashセミナーVol.30グローカルビジネスのすすめ
■講師(敬称略)
・奥山雅之(明治大学政治経済学部教授)
・桜庭大輔(NPO法人ZESDA代表)
■開催日時
 2021年6月14日(月)20時00分~21時30分
■会場
 オンライン
■参加費
 無料
■参加申込
 https://web-mining.doorkeeper.jp/events/122721

web-mining.doorkeeper.jp

■参考図書
 グローカルビジネスのすすめ明治大学奥山教授・NPO法人ZESDA共著)
 Amazon1位!好評発売中!!
 https://www.amazon.co.jp/dp/4909896074