ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


【開催告知8/24@明治大学】第3回ZESDA×明治大学グローカル・ビジネス・セミナー 『中東で一番有名な日本人』が語るグローカリゼーション

 NPO法人ZESDAは、中小企業の海外進出が専門の明治大学奥山雅之准教授とともに、地方が海外から直接お金を稼ぐグローカル・ビジネスをテーマにしたセミナーを、ほぼ毎月、シリーズ企画していきます。
 第3回目は、「中東で一番有名な日本人」として大活躍する鷹鳥屋明氏に講演をいただきます。日本と中東を繋ぐベンチャー企業で商品企画の仕事をする傍ら、日本文化や日本のポップカルチャーを中東全域に広める活動を個人で行われるなかで得られた知見を共有いただきます。 さらに、明治大学政治経済学部奥山准教授、鷹鳥屋氏と会場を交えたディスカッションを通じて、今後の日本の地方の中小企業が中東に進出していくにあたり、大事なポイントをおさえていきます。
 どうぞ、ご参加ください!
f:id:ZESDA:20190813214255j:plain

■講師(敬称略)
 ・奥山 雅之(明治大学政治経済学部准教授)
 ・鷹鳥屋 明(メーカー、商社、NGO勤務後、日本と中東を繋ぐベンチャーに勤務)
■日時:2019年8月24日(土) 13:00~14:30
■会場:明治大学駿河台キャンパス「グローバルフロント」4021号教室
   (東京都千代田区神田駿河台1-1)
■参加費:学生無料 一般2,000円
■参加申し込み:https://glbs002.peatix.com/

glbs003.peatix.com

第2回ZESDA×明治大学グローカル・ビジネス・セミナー『地元産品を海外に売り込め! ~茨城の成功例から学ぶ~』開催報告 2019.7.20

NPO法人ZESDAと、明治大学奥山雅之准教授がほぼ月イチでお届けする
シリーズ企画「グローカル・ビジネス・セミナー」

その第2回目が2019年7月20日(土)、
御茶ノ水明治大学アカデミーコモンにて開催されました。

今回はゲストに、JETRO日本貿易振興機構)の西川壮太郎氏を迎え、
初代茨城事務所長として、茨城の農産品をはじめとする地元産品の海外輸出の推進し、数々の成果を上げてこられたご経験から、グローカル・ビジネスの成功ポイントを、
ここでしか聞けない大変貴重な裏話とともに、ご紹介いただきました。

f:id:ZESDA:20190721231314j:plain

西川さんが、茨城事務所所長として着任された2014年、
北海道に次ぐ生産量を誇りながらも茨城の農産品は、
ブランド力の弱さから低価格での流通を余儀なくされており、
さらに後継者不足に陥っていました。

茨城の地元産品の輸出はほぼゼロでした。
しかし、実際に茨城の地元産品に触れた西川さんはその魅力とポテンシャルを信じ、
情熱的に海外輸出を推し進めてこられました。

具体的にはJETROで培った海外でのネットワークを生かし、
海外バイヤーを茨城に招待し、地元産品の良さを直接アピール、
取引契約をバックアップされたり、個別での手厚いサポートや
メディアを巻き込んだ仕掛けなどを展開され、いくつもの成功例が生まれました。

その結果、茨城の農産品の輸出量は圧倒的に増加し、
いくつかの農家には後継者が育ち始めています。

西川さんは現在、イノベーション・知的財産部スタートアップ支援課の課長として、
東京を拠点にご活躍されていますが、その後も茨城の輸出量は伸びているそうです。
西川イズムは脈々と受け継がれています。

話の中で紹介された事例には、それぞれにエピソードがあります。
そんなお話の中で、海外ビジネスにおける重要なポイントも浮かび上がってきました。

最後に西川さんからは、失敗を恐れずファーストペンギンになろう!
イノベーションを起こす主役になろう!という力強いメッセージを頂戴し、
西川さんのプレゼンは幕を閉じました。

f:id:ZESDA:20190721231107j:plain

最後に、奥山准教授と西川さんのトークセッションと、
参加者からの質問、意見が活発に交わり、
セミナー終了後のティータイムでも積極的なネットワーキングが展開されました。

f:id:ZESDA:20190721231908j:plain

f:id:ZESDA:20190721231202j:plain

f:id:ZESDA:20190721231218j:plain

まさに今ここからファーストペンギンが現れる予感がしました。

さて、待ち遠しい次回は、8月24日(土)同じく明治大学にて開催予定です!
ゲストスピーカーは、丹羽宇一郎氏(元中国大使、元伊藤忠会長)です。
詳細は後日!

今後の、明治大学×ZESDA 「グローカル・ビジネス・セミナー」にご期待ください!

【開催告知7/20@明治大学】第2回ZESDA×明治大学グローカル・ビジネス・セミナー『地元産品を海外に売り込め! ~茨城の成功例から学ぶ~』

 NPO法人ZESDAは、中小企業の海外進出が専門の明治大学奥山雅之准教授とともに、地方が海外から直接お金を稼ぐグローカル・ビジネスをテーマにしたセミナーを、ほぼ毎月、シリーズ企画していきます。
 第2回は、JERTOの西川壮太郎氏をお招きし、JETRO初代茨城事務所長として当時輸出額がほとんどゼロに近かった茨城県グローカル化を推進し、ブランド化、輸出の増加、農家の所得向上、若者の就農も戻り始める等、数々の成功に導いたサクセスストーリーについて裏話を含めてご紹介致します。
 どうぞ、ご参加ください!
f:id:ZESDA:20190627210916p:plain
■講師(敬称略)
 ・奥山雅之(明治大学政治経済学部准教授)
 ・西川壮太郎(独立行政法人日本貿易振興機構ジェトロイノベーション・知的財産部スタートアップ支援課 課長)
■日時:2019年7月20日(土) 13:00~14:30
■会場:明治大学アカデミーコモン8階308E教室
   (東京都千代田区神田駿河台1-1)
■参加費:学生無料 一般2,000円
■参加申し込み:https://glbs002.peatix.com/

glbs002.peatix.com

第1回 明治大学×ZESDA 「グローカル・ビジネス・セミナー」Digima〜出島〜「海外進出白書(2018-2019年版)」を読み説く!開催報告 2019.6.15

f:id:ZESDA:20190605220333p:plain

NPO法人ZESDAと、明治大学奥山雅之准教授がほぼ月イチでお届けする
シリーズ企画「グローカル・ビジネス・セミナー」

その記念すべき第1回目が2019年6月15日(土)、
御茶ノ水明治大学リバティータワーにて開催されました。

昨晩から降りしきる雨の中にもかかわらず、
中小企業経営者、中央省庁の公務員、大手企業の会社員、学生など
約40名の聴講者が訪れ、会場の1144教室は満席御礼となりました。

今回はゲストに、株式会社Resorzより
「海外ビジネスEXPO」の責任者である菅井俊行氏と
「Digima~出島~」編集長の鷲澤圭氏をお招きしました。

まずは株式会社Resorz菅井氏に、
「海外支援プラットフォーム~Digima~出島」の取り組みや、
先ごろ発表されたばかりの「海外進出白書(2018-2019年版)」について
ご発表をいただき、日本の中小企業の海外進出について、
ここ数年の動向やトレンドをわかりやすく解説頂きました。

海外進出白書(2018-2019年版)は下記URLにて無料公開されています。
ぜひご覧になってください。

https://www.digima-japan.com/event-news/lp/hakusho2018-2019/



f:id:ZESDA:20190623193743j:plain


そして、奥山准教授からはグローカル・ビジネス研究成果の一端だけでなく、
研究の中で自ら見てきた具体的な事例をご紹介いただきました。

f:id:ZESDA:20190623193902j:plain

さらに、奥山准教授、菅井氏、鷲澤氏と会場を交えたパネルディスカッションを展開し、
研究者、実務者、一般市民それぞれの立場から意見を交え、白熱した議論を展開しました。

f:id:ZESDA:20190623194147j:plain

f:id:ZESDA:20190623194214j:plain

休憩やその後のティータイムでは積極的なネットワーキングが展開され、
早くも当企画から、また新しいものが生まれる予感がしました。

さて、待ち遠しい次回は、7月20日(土)同じく明治大学アカデミーコモン8階の308E教室にて開催予定です!

今後の、明治大学×ZESDA 「グローカル・ビジネス・セミナー」にご期待ください!

【催事告知6/15土 13:00@明治大学】第1回ZESDA×明治大学グローカル・ビジネス・セミナー「海外進出白書(2018-2019年版)」を読み説く!

NPO法人ZESDAは、中小企業の海外進出が専門の明治大学奥山雅之准教授とともに、地方が海外から直接お金を稼ぐグローカル・ビジネスをテーマにしたセミナーを、ほぼ毎月、シリーズ企画していきます。
記念すべき第1回目は、奥山准教授からグローカル・ビジネス研究の一端をご紹介いただくとともに、株式会社Resorzより「海外ビジネスEXPO」の責任者である菅井俊行氏と「Digima~出島~」編集長の鷲澤圭氏をお招きします。
どうぞ、ご参加ください!

f:id:ZESDA:20190605220333p:plain

■企画趣旨
 近年、新たな市場を求めて地方の企業が国外市場へ事業展開する動き(グローカル・ビジネス)が活発になっています。しかし、地方の中小企業が国外市場を正確に捉えて持続可能な事業展開を行うことは、海外人材の不足(語学能力含む)、ITスキル、カントリーリスク等一般的にはまだまだハードルが高いのが現実です。
 そこで、グローカル・ビジネスの実態把握を通じて特有のマネジメント理論の確立を目指して研究している明治大学奥山研究室と、地域企業に対し都市人材の海外ネットワークやスキルをプロボノ活動によって提供してグローカル・ビジネスの支援に一定の成果を上げているNPO法人ZESDAが協働し、地域の中小企業におけるグローカルビジネスの成功事例や興味深い挑戦事例に関わったキーパーソンを招聘して事例研究を行って知見を貯め、また研究・ビジネス人材のネットワーク・コミュニティを構築することを通じて、グローカル・ビジネスの発展に貢献するべく、グローカル・ビジネス・セミナーのシリーズを企画していきます。
 第1回目は、奥山准教授からグローカル・ビジネス研究の一端をご紹介いただくとともに、株式会社Resorzより「海外ビジネスEXPO」の責任者である菅井俊行氏と 「Digima~出島~」編集長の鷲澤圭氏をお招きします。お二人からは「海外支援プラットフォーム~Digima~出島」の取り組みや先ごろ発表されたばかりの「海外進出白書(2018-2019年版)」についてご発表をいただきます。
 さらに、奥山准教授、菅井氏、鷲澤氏と会場を交えたディスカッションを通じて、15,000件の海外進出課題を徹底分析した白書に示されたデータの意味を読み解いていきます。

■講師(敬称略)
・奥山雅之(明治大学政治経済学部准教授)
・菅井俊行(株式会社Resorz 海外ビジネスソリューション部イベント事業部マネージャー)
・鷲澤圭(株式会社Resorz Digima~出島~編集長)

■日時:2019年6月15日(土) 13:00~15:00
■会場:明治大学リバティータワー14F 1144教室
   (東京都千代田区神田駿河台1-1)
■参加費:学生無料 一般2,000円
■参加申し込み:https://glbs001.peatix.com/

glbs001.peatix.com