ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


【開催告知6/3@オンライン】「アジアにおけるグローカリゼーション」-現代における都市エリートと地方アーティストの役割-第9回ZESDA×明治大学グローカル・ビジネス・セミナー

NPO法人ZESDAは、第9回ZESDA×明治大学グローカル・ビジネス・セミナー『「アジアにおけるグローカリゼーション」-現代における都市エリートと地方アーティストの役割-』を6月3日(水)に開催します。

当法人は、中小企業の海外進出が専門の明治大学奥山雅之准教授とともに、地方が海外から直接お金を稼ぐグローカル・ビジネスをテーマにしたセミナーをシリーズ企画しています。

第9回目は、日本での就業経験ゼロ、資格経験ゼロ、法律とアートのパラレルキャリアを実践するメコン現代美術振興財団、One Asia Lawyers Group創業者の藪本氏よりお話を頂きます。大学卒業後、いきなりカンボジアで法律事務所を起業し、現在アジア14か国及び英国で事業を展開。創業から10年目を迎えた今、アジアの現代アート、地方の現代美術館、地方のワイナリー等の出資や寄付に全てを使っておられます。弁護士等に代表される都市エリート、とカンボジアラオス等のアジアの地方アーティストとの比較分析の中から、現代における「都市/地方の役割」や「グローバリゼーション/ローカリゼーション」の意味を再定義していただきます。

さらに、明治大学政治経済学部奥山准教授と会場を交えたディスカッションを通じて、
日本の事業者やアーティストがグローカリゼーションを展開していくための課題や解決方法などについて展望していきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

f:id:ZESDA:20200529221350j:plain

■第9回ZESDA×明治大学グローカル・ビジネス・セミナー
「アジアにおけるグローカリゼーション」-現代における都市エリートと地方アーティストの役割-
■講師(敬称略)
・藪本 雄登(メコン現代美術振興財団創業者、One Asia Lawyersグループ創業者)
・奥山 雅之(明治大学政治経済学部 准教授)
■日時:2020年6月3日(水) 20:00~22:00
■会場:オンライン
※ zoomを用いて開催します。URLはお申込メールへの返信によりご案内します。
※ メールアドレスの登録誤りが多くなっています。お申込みの際はご確認をお願いします。
※ お申込の方には後日録画をご共有します。
■参加費:一般500円
■参加申し込み: https://glbs009.peatix.com/

glbs009.peatix.com

【ZESDAシリーズ連載】プロデューサーシップのススメ#03 地元産品を海外に売り込め!~茨城の成功例から学ぶ~

NPO法人ZESDAによる、様々な分野のカタリスト(媒介者)たちが活躍する事例を元に、日本経済に新時代型のイノベーションを起こすための「プロデューサーシップ」を提唱するシリーズ連載。

第3回は、日本貿易振興機構JETROジェトロ)でスタートアップ支援に携わる西川壮太郎さんです。このままでは「茹でガエルの釜」になるばかりの日本市場の先を見据えて、茨城の農業を世界に向けてブランディングすべく、西川さんはいかに生産者たちをinspireしグローカルなプレイヤーとして飛躍させたのか? 精度の高いコミュニケーションでリスクを抑えながらファースト・ペンギンの背中を押す見事な範が、そこにはありました。

note.com

【セッションレポート】「脱・働く」#3 — 3つの資本「コネ・カネ・チエ」を動かし、労働者から投資家になる(前半)

Venture Café Tokyoが主催する『脱・働く-POWER TO/THE PEOPLE-』は、社会のルールが加速度的に変化し不確実性の時代といわれる現代において、どのようにはたらき、生きるべきかをテーマに、様々なステークホルダーを招きながら皆さんと繰り返し対話の場を持つことを通じて「日本らしい"はたらく"のその先」について議論を深めるトークセッションシリーズです。

2020年4月2日(木)に開催した第3回セッションでは、NPO法人ZESDA代表の桜庭が登壇し、自分の中にある「コネ・カネ・チエ」という3つの資本を意識し、循環させ増幅させることの重要性を、これからの「はたらき方」と共に語りました。

link.medium.com

【ZESDAシリーズ連載】プロデューサーシップのススメ#02 データシティ鯖江から始まったウェブ新時代

NPO法人ZESDAによる、様々な分野のカタリスト(媒介者)たちが活躍する事例を元に、日本経済に新時代型のイノベーションを起こすための「プロデューサーシップ」を提唱するシリーズ連載。第2回目は、福井県鯖江市で様々なイノベーションの仕掛け人として活躍する福野泰介さんです。現在、「新型コロナウイルス対策ダッシュボード『COVID-19 Japan』」のネット公開でも注目を集める福野さんの「inspire型カタリスト」としての先進性とは?その実践の来歴と目の醒めるような着想の数々をご紹介します。

note.com

【開催告知5/21@無料オンライン】脱・働く⑤ - After/ With コロナ時代のパラレルキャリア論

 本イベントは、社会のルールが加速度的に変化し不確実性の時代といわれる現代において、どのようにはたらき、生きるべきかをテーマに、様々なステークホルダーを招きながら皆さんと繰り返し対話の場を持つことを通じて「日本らしい"はたらく"のその先」について議論を深めるトークセッションシリーズです。

 5月21日(木)に開催する第5回セッションでは、NPO法人ZESDA代表の桜庭大輔と同法人大阪支部長の相馬英子が登壇し、副業という手段を切り口に、 After/ With コロナの時代において時間という資産のポートフォリオをどのように組んで使い倒すのか、何にどれだけ投資をすることが自立につながるのか、皆様と一緒に考えていきます。

 是非、ご参加ください。

f:id:ZESDA:20200503190217p:plain

■セッション
 脱・働く⑤ - After/ With コロナ時代のパラレルキャリア論
 ※このセッションは、全体プログラム『Thursday Gathering #104』の一部として行われます。
■日時:2020年5月21日(木)19:00-20:00
 ※全体プログラムは16:00-21:00の開催で、このうち『脱・働く後⑤~」は19:00-20:00の開催です。
■会場:オンライン
■申し込み方法:
 Peatixのイベントページからお申込みください。
 https://thursdaygathering-20200521.peatix.com/
■参加方法:
 Peatixイベントページの下部にある“Join Online Thursday Gathering”をクリックし、参加ページにお進みください。
thursdaygathering-20200521.peatix.com