読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


官民協働ネットワークCrossover主催 教育ダイアログ “みんなで語ろう これからを「生きる力」” ~こどもを取り巻く環境から公教育の役割を考える~に参加して

教育ダイアログ “みんなで語ろう これからを「生きる力」”
2017年4月22日(土) 13:00~17:00

今回、Crossover主催のイベントに参加してきましたので、簡単にご報告します。
■イベントの目的
『誰もが自分自身の経験から語ることのできる「教育」、だからこそ「唯一の正解」がない「教育」、そして数多くの社会課題解決に向けた出発点であり、ゴールでもある「教育」・・・。こんなテーマについて、日常生活や仕事だけをしていたのでは出会うことのなかったであろう人たちと、じっくり語り合い、お互いから学びあうことのできる場』
~Crossover代表 池田洋一郎さんのメッセージを抜粋~

まさに、上述のような場であり、通常の「ディスカッション」形式ではなく「ダイアログ」という形を取られた意味も感じとれました。
f:id:ZESDA:20170507112957j:plain

■内容紹介
★ダイアログに入る前、「プチ講座」で題目に関連する情報・データを提供され、前提をある程度共有した上で話し合いに入る形式でした。よって、色々な経歴の方々が、軸を共有して話を進めることができたと感じます。
f:id:ZESDA:20170507113021j:plain
【1時間目】プチ講座・ダイアログ①
これからの時代を「生きる力」を身につけるために、今、あなたが小学生だったら、学校で一番学びたいことは何ですか?
f:id:ZESDA:20170507113037j:plain

【2時間目】プチ講座・ダイアログ②
今、こどもたちを取り巻く環境には、「格差がある」と思いますか?それは、あなたにとって身近で、解決しなければならないと感じる課題ですか?
~席替え~
【3時間目】プチ講座・ダイアログ③
置かれた環境に関わらず、こどもたちみんなが、「これからの時代を生きる力」を身につけるために、小中学校はどうあるべきでしょうか?また、私たち一人一人は子どもたちとどう関わるべきでしょうか?
【4時間目】SSM (Super Speed Meeting)
参加者同士でまだ話したことがない人とペアを作り、短時間で深いコミュニケーションをとり、「今日一番の気付きと学び」を共有する。
f:id:ZESDA:20170508175339j:plain
f:id:ZESDA:20170508175344j:plain

■運営に関しての気付き
運営側に関して参考になる面があると思い、気付いたことを簡単に記しておきます。
・班でのダイアログがスムーズにいくよう、「ルール」をいくつか決められていました。
・「ルール」は工夫されており、「形式」に則ることにより、「気持ち」もルールに沿ったものになると感じます。(例:ルール「お互いの意見に反論しない、まずは聴く。」⇒行動ルール「スピーカーはお花を持って話し、次に話したい人にお花を渡す。」)
f:id:ZESDA:20170507113119j:plain

・冒頭、「今日学びたいこと」を名刺裏に自分で記入し、最後に「今日一番の気付きと学び」を記入する流れでした。意識を持って活動に参加でき、振り返る仕掛けになっています。
・席がえも予め用意されており、出来るだけ多くの人と話せるよう仕掛けられていました。
ファシリテーターより:「ディスカッション形式よりダイアログ形式はクローズの仕方が難しい。」確かに意見の取りまとめを行うわけではないので、終わらせ方や関わり方が難しいのではないかと感じます。
・運営に携わることで得られる力:①「問い」の切り口を考える力 ②耳を傾ける力 ③発信する力 ④巻き込んでいく力 【池田さんより】⇒このような力を身につけることができるので、是非、参加してほしいとの呼びかけがありました。なるほど。

■内容に関しての感想
それぞれのダイアログで気付きがありましたが、全体的な感想として。
・「教育」は「教育者と生徒」や「親子」等、閉じられた世界や関係性での話しとなりがちだと思うのですが、まずは、このような多様性の中で(立場のしがらみなく自由に)意見交換できる「場」がたくさんつくられることが、公教育を動かすきっかけになるのだろうと感じました。
・日本では特に、「マイノリティ経験」「多様性を実感・体感」できる環境が多くはないので、意識的に環境をつくり、環境から気付く仕掛けを考えていくことは「おとな」としての努めではないかと、今回の場を通じて考えたところです。

■懇親会
アットホームで班以外の人とも意見交換を幅広くできる「場」でした!食べ物もお酒も豊富。。。
f:id:ZESDA:20170507113223j:plain
f:id:ZESDA:20170507113230j:plain

■参考まで
【3時間目】プチ講座で紹介された映画と書籍
⇒「みんなの学校」 大空小学校
http://minna-movie.com/

⇒「21世紀を生きる力」
http://www.gakusan.com/home/info.php?code=0000002929071

運営準備にもかなり時間をかけられ、ディスカッションを重ねられたとのことです。
よい「場」と、よい「仕掛け」でした。

ZESDAも様々なイベントを企画しています。参加者が気付き、何かしらの一歩を踏み出せる場を提供していきたいと考えています!

SAKURA COLLECTIONがベトナム国営放送で紹介されました。

f:id:ZESDA:20170326153203j:plain

私たちZESDAも関わったSAKURA COLLECTIONが、文化と人々をファッションでつなぐイベントとしてベトナム国営放送VTV3で紹介されました。

www.facebook.com

 SAKURA COLLECTIONのプレイベントやポップアップショップ、当日の様子がご覧いただけます。
 動画からも伺えるように、多くの方がこのイベントに関わり、当日を迎えました。当日の舞台裏ではモデル、デザイナー、スタッフ各々交流する場面も見られ、このイベントを通して出会えた人との出会いを楽しんでいるようでした。
 この人達にまた会いたいと思う、不思議な引力を感じ、文化と人々をつなぐ場の提供としてSAKURA COLLECTIONの意義を再認識しました。

SAKURA COLLECTIONに関わり、プロデュースの大変さや続けていくことの難しさを学ぶことができました。次のZESDAの活動へもこうした経験を活かしていきたいと思います。

SAKURA COLLECTIONに関するZESDAの活動はこちら。
http://zesda.hatenablog.com/entry/2017/04/12/081006

5/27(土)於:渋谷「プロデューサーシップ、ローカルコンテンツと地方創生」シンポジウム開催のお知らせ

平素お世話になっております皆様
薫風のみぎり、いかがお過ごしでしょうか。NPO法人ZESDA代表の桜庭です。

このたび、5月27日(土)研究・イノベーション学会、映像情報 メディア学会と共催で、「プロデューサーシップ、ローカルコンテンツと地方創生」をテーマに、各界超一流の「プロデューサー」の皆様とシンポジウムを開催いたします。

f:id:ZESDA:20170514233407j:plain

研究・イノベーション学会、映像情報メディア学会 合同シンポジウム
「プロデューサーシップ、ローカルコンテンツと地方創生」

◆お申し込みはこちらから◆
http://peatix.com/event/237670


企業の大小を問わず、チャレンジ精神や起業環境の整備が叫ばれる昨今。
地方創生のため、日本経済の真の活性化の上でもアントレプレナーシップは重要です。
しかし、イノベーションは起業家だけが興してきたものでしょうか 。


起業環境は、補助金や投資(カネ)だけでは、整いません。
チャレンジ精神も孤独ではすぐに力尽きます。
挑戦者達が成功するまで、人脈や信用(コネ)、経験・技術・情報 (チエ)を、
粘り強く、戦略的に注いでくれる人々がいなければ、イノベーションは成功しないのではないでしょうか。


今回のシンポジウムでは、イノベーター自身には敢えてスポットを当てません。
リスクやコストを共有しつつ、「コネ」や「チエ」を注ぎ続けて、彼らを成功させてきたイノベーションのカタリスト(媒介者)達の 活躍に着眼します。


なかでも、成功に必要な人間関係や段取りを組み立てる「プロデューサー」達のご経験を、皆様と共有していこうと考えています。


「プロデューサー」の思考や行動は、成功を決定的に左右するもの でありながらも、「主役」であるイノベーターの英雄譚の影に隠れがちです。そして、複雑で多岐にわたり、プロデューサーの個性によってプロデュースのスタイルも異なります。


今回のシンポジウムでは、業界人ならば誰もが知る、実績・経験の豊富な先輩方からお話を伺います。
登壇者一覧をご覧いただければお分かりのとおり、きわめて豪華な顔ぶれになっております。
私もファシリテーターのひとりとして、皆様と共に、学びを得て参りたいと思います。

イノベーションは、有能な起業家に資金を渡せば興るものではありません。
そして、プラットフォームを設ければコネやチエが自動的に起業家に行き渡るものでもありません。


ローカルコンテンツの真の価値を引き出し、地方創生を実現するためには、イノベーションに関わるあらゆる登場人物が、個人の見識や信用力によって、有機的に連動しながら、エコ・システム全体を捉える「個人」こそ が重要ではないでしょうか。


そう、今、日本社会には、誰かをプロデュースする個人こそが求められていると強く思います。


皆様が、ご自身をイノベーション・エコ・システムの参加者として捉えなおす機会となり、ひいては、「プロデューサー」として覚醒され、身近にいるチャレンジャー達を「プロデュース」していってくださるきっかけになりますよう、シンポジウム登壇者一同、当日まで誠心誠意準備を行って参ります 。


当日お会いできますことを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。



研究・イノベーション学会、映像情報メディア学会 合同シンポジウム
「プロデューサーシップ、ローカルコンテンツと地方創生」

◆お申し込みはこちらから◆
http://peatix.com/event/237670



NPO法人ZESDA代表
桜庭大輔

第186回知的財産マネジメント研究会での講演

2017年4月15日都内会議室にて第186回知的財産マネジメント研究会が開催され、
当法人代表の桜庭が以下の2テーマで講演を行いました。

テーマ①:イノベーションを導く『カタリスト』と『プロデュース理論』について

テーマ②:英国の産学連携〜informal networkの経営手法について留学からの考察

f:id:ZESDA:20170419231709j:plain

テーマ①では、現在実際に活躍している起業家達を例にとりながら、
「プロデュース」してきた「カタリスト」の存在と役割について言及し、
カタリストを現在の日本の枠組みでどう生み出してイノベーションを創出していけばよいのか、いくつかの提案を行いました。

f:id:ZESDA:20170419231853j:plain

講演後は、提案の実現性やそれを取り巻く日本の環境についての質疑応答や情報共有、ディスカッションが行われました。

テーマ②では、桜庭自身の英国留学経験を元に、
現在の英国エリートはどのように「コネ・カネ・チエ」を集積し、
自らのそして国全体の地位を磐石にしているのかという点に関する考察を行い、
そこから得られる日本の産学連携強化のヒントについて述べました。

f:id:ZESDA:20170419232023j:plain

ZESDAはこれからもイノベーションの「プロデュース」に関する
ワークショップや講演等を行って参りますのでよろしくお願い致します。

SAKURA COLLECTION 2016-2017 in YOKOHAMA

2017年3月26日(日)、横浜港大さん橋国際客船ターミナル CIQ プラザにて、日本文化に根ざした服飾デザインを東南アジアの学生デザイナーの手でアレンジし、世界に発信することを目的としたファッションショー「SAKURA COLLECTION 2016-2017 in YOKOHAMA」が開催されました。

f:id:ZESDA:20170412080252j:plain
★各国モデル・デザイナーの集合写真

私たちZESDAスタッフは、日本の技術や文化と世界のニーズを繋げるプロデューサーの支援・育成を通じた日本企業のグローバル競争力を強化する活動の一環として、昨年夏以降、「SAKURA COLLECTION 2016-2017 in YOKOHAMA」のサポートをして参りました。
具体的には、会場設営や当日運営、22日に開催されたプレイベントのサポートのほか、イベント開催のための資金調達(クラウドファンディング)、モデル・デザイナーへの出演交渉、公式ホームページの改善等に取組みました。

1. クラウドファンディング
ZESDAチーム全員にとって初めての取り組みということもあり、結果的に目標金額には届きませんでしたが、それでも多額の資金調達に成功し、仲間と最後まで頑張り抜くことが出来たことは今後の活動における大きな財産になると思っています。次回のクラウドファンディングでは、必ずや目標金額を達成したく思っています。
なお、クラウドファンディングにおいてはCAMPFIREの渡邉様に大変お世話になり、深謝申し上げます。

2. モデル・デザイナーへの出演交渉
ZESDAの活動成果は、フィリピン代表のモデルとデザイナーの出演の実現です。
当初はタイ、インドネシア代表の出演交渉も担当しましたが、慣れない交渉が難航しZESDAスタッフによる交渉は成立しませんでした。
一方、フィリピン代表に関しましては、ZESDAスタッフが持っている人脈を生かし、先方との細目な連絡・交渉が実を結ぶ結果となりました。
今回の実績は、ファッションショー主催者(Producer)と海外モデル・デザイナーをZESDAスタッフによる「Introduce」で繋ぐことで、日本文化に根ざした服飾デザインを海外に発信することに貢献出来たことを意味しており、私たちZESDAの活動理念・目標の実現でもあります。

3. 公式ホームページの改善
SEを本業とするZESDAスタッフが、レイアウト変更を含めた作業を実施し、下記URLのページに仕上がりました。
http://www.sakuracollection.com/


f:id:ZESDA:20170412080257j:plain
★ZESDAが出演交渉したデザイナーと(右から二人目)

異なった業界・職種に本業を持ち、考え方や価値観、年齢が様々なスタッフがボランティア活動として一つのプロジェクトを遂行する難しさを感じつつも、スタッフが自ら動き、自ら生み出し、自ら楽しみ、私たちZESDAの“VALUE”の実践を通じてチームとしての一つの「カタチ」を得ることができたという意味で、今回のプロジェクトは大変有意義であったと思います。

今後、ZESDAとして様々なプロジェクトを進めて参ります。応援の程、宜しくお願い申し上げます。

f:id:ZESDA:20170412080301j:plainf:id:ZESDA:20170412080305j:plainf:id:ZESDA:20170412080303j:plain
★力仕事も楽しく!当日の設営等もお手伝いさせていただきました。

f:id:ZESDA:20170412080255j:plain
★主催者との打ち上げ

f:id:ZESDA:20170412080307j:plain
★半年間いろいろありましたね。