ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


12/9開催 一歩進む読書会 in 渋谷・第1歩『ビジネス・ゲーム 誰も教えてくれなかった女性の働き方』

あなたは普段仕事をしていて、「真面目に仕事をしているのに報われない」と感じたことはありませんか。
それはあなたが、ビジネス社会で生き抜くための「ビジネス・ルール」を知らないからかもしれません。
一歩進む読書会・第1歩目は、ベティ・L. ハラガン著 (福沢 恵子・水野谷 悦子訳)「ビジネス・ゲーム 誰も教えてくれなかった女性の働き方」 (光文社知恵の森文庫) を通じて、仕事に対する考え方、上司や同僚との人間関係の築き方、日々の業務の取り組み方ほか、企業社会で生き抜く秘訣を学びます。
女性向けに書かれた本ではありますが、お仕事での活躍に壁を感じられている男性の方にも参考になる内容となっています。

【参加申し込みはこちらから↓】
https://peatix.com/event/569235
peatix.com


【イベント詳細】
◆日時: 12月9日(日) 午前9時~12時(5分前迄にお集まりください)
◆場所: 東京都渋谷区宇田川町36-22 ノア渋谷パート2 1102号室
https://www.google.com/maps?q=35.6619936,139.6969209
◆対象者: 企業等で働かれたご経験のある20~40代の社会人の皆様
◆定員: 10名
◆費用:1,000円(実費 (場所代、お茶代等))
◆懇親会: 読書会後、近隣で懇親会(ランチ)を予定しておりますので、よろしければ是非ご参加ください。
◆主催: NPO法人ZESDA カレッジ部門「Beyond Myself」プロジェクトチーム
http://www.zesda.jp/

【一歩進む読書会とは】
「一歩進む読書会」は、ご参加いただいた皆さんに、次の日から一歩前に進むための実用的な知識やスキルを持ち帰っていただくことを目的とした読書会です。
「アクティブ・ブック・ダイアローグ®」という方法を参考にさせていただいおり、本を物理的に(!)分割して仲間と一緒に読むため、事前に本を読む必要がなく、かつ、他の参加者との議論を通じて内容をより深く理解できる読書会となっています。ぜひお気軽にご参加ください。

詳しい読書会の進め方については、下記リンクをご覧ください。
http://zesda.hatenablog.com/entry/2018/11/11/171824zesda.hatenablog.com

12/15開催 ZESDA交流会『パラレルキャリアを活かして地方創生のプロデューサーになろう!』

NPO法人ZESDAのイベントをご案内させて頂きます!

【第4回ZESDA交流会】
『パラレルキャリアを活かして地方創生のプロデューサーになろう!』
12/15(土)13:00〜
@3×3 Lab Future(大手町)

◆お申込みはこちらから↓
https://peatix.com/event/451996peatix.com


<パラレルキャリア×地方創生で自由な働き方を考えてみませんか?>

パラレルキャリアというワードを昨今よく耳にするようになりました。

でも、実際に何から始めていいのか、どんな活動があるのか、イマイチ具体的なイメージが湧かない、一歩が踏み出せないという方は多いのではないでしょうか?

本イベントでは、立場は違えど熱い気持ちとずば抜けた行動力で精力的に活動している3名による講演・パネルディスカッションを行います。

その3名は、個人の能力・経験を活かしたパラレルキャリアの普及活動をしている「NPO法人2枚目の名刺代表理事・廣優樹氏」、印刷会社の中で異色のチャレンジャーとして地方創生を目指して実際に活動されている「大日本印刷 熊坂浩明氏」、弊団体で石川県春蘭の里支援に日々奮闘する「NPO法人ZESDA 瀬崎真広氏」です。

また、地方創生のアイデアを考えるグループ形式のワークショップも行います。

講演やワークショップ、そして参加者とのネットワーキングを通じて、パラレルキャリアや地方創生に向けた、明日からできる第一歩をきっと掴んで頂けると思います!

パラレルキャリアや地方創生への一歩を踏み出したい方、興味がある方、奮ってご参加下さい。

◾︎日時・場所等
・日程:12月15日(土)
・開催時間:13:00〜17:30(受付12:30〜)
・会場:3×3 Lab Future
千代田区大手町1-1-2大手門タワー・JXビル1階
http://www.ecozzeria.jp/about/accessmap.html
・参加費:2,000円、学生1,000円
・定員 :70名(先着順)peatixにてお申し込み

◾︎講師紹介
・廣優樹氏  NPO法人2枚目の名刺 代表理事
(参考: https://nimaime.or.jp/vision)

・熊坂浩明氏 株式会社DNPコミュニケーションデザイン
       コミュニケーションプランニング本部
       コンテンツプランニング部2課 課長
(参考: http://mirai.dnp/project33.html)

・瀬崎真広氏 NPO法人ZESDAスタッフ
       インキュベーション部門長
石川県能登町春蘭の里応援
       プロジェクトリーダー
(参考: http://www.chunichi.co.jp/…/20181025/CK2018102502000052.html)<パネルディスカッションモデレーター>
・西尾友宏 NPO法人ZESDA副代表理事
      長野県川上村元副村長<総合司会>
・岡田麻衣 NPO法人ZESDAスタッフ

◆お申込みはこちらから↓
https://peatix.com/event/451996

12月15日(土) ZESDA大忘年会を開催します!

来たる12/15(土)、NPO法人ZESDA大忘年会を実施します!

スタッフはもちろん、
今年お世話になったみなさまも、
これから一緒に活動するみなさまにも
ぜひお越しいただけると幸いです。

※申し込みはこちらからチケットをお買い求めください!※
peatix.com


■一次会
【日時】2018/12/15(土) 18:00~20:00
【参加費】5,000円
【場所】UOMAN DINING 丸の内ガーデンタワー
東京都 千代田区 丸の内 1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13179532/dtlmap/
・JR 東京駅 徒歩7分
・地下鉄大手町駅 D6出口直結

■二次会
【日時】2018/12/15(土) 21:00~23:00 (20:30~入場可能)
【費用】3,000円
【場所】SCeNT HOUSE DEN Marunouchi (セントハウス デン)
東京都 千代田区 丸の内 1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13173416/dtlmap/
・JR 東京駅 徒歩7分
・地下鉄大手町駅 D6出口直結
※一次会会場と同じビルです

■当日緊急連絡先
080-6657-8285 佐々木

2018年度ZESDA総会開催レポート

 私たちNPO法人 日本経済システムデザイン研究会(ZESDA)は、
2018年11月11日(日)に、東京都千代田区飯田橋の会議室にて、2018年度ZESDA総会を開催しました。

 今回の記事は、カレッジDivisionに2018年4月から所属している石井が担当致します。
ZESDAに所属して半年、まだまだ新人の私の視点から見た「ZESDA総会」をレポートしようと思います。
このブログを読んでくれた方が一人でも多くZESDAにもっと興味を持ってくれれば幸いです。

 まず、総会開催の目的は2つ

  1つ目は、理事会とスタッフが ZESDA の現在・過去・未来を整理共有すること
  2つ目は、スタッフの人生におけるZESDAの位置づけを確認すること でした。

 秘書室改め、インテグレーションユニットの佐々木さんが総合司会を務め、
スムーズにプログラムが進行しました。

f:id:ZESDA:20181118234223j:plain

・・・

 前半は、今年の活動の総括と展望について、理事長の桜庭さんからは総論が、
そして4つの部門の各理事からそれぞれの活動報告が発表されました。

 創設から6年が経ち、7年目に突入するZESDAは、
2017‐18年は「本格化」というスローガンの元、
めまぐるしいスピードで活動、成長してきました。

 そのすべての活動が具体的です。

  ・地方創生プロジェクトでは、春蘭の里、津南町のプロジェクトをはじめとした、
   多面的なプロデュースを展開。

  ・ZESDAが獲得した、コネクションや、アイディアをZESDAメンバー全体で共有する
   システムを構築。

  ・スタッフが自ら次々に発足させる創発的な自主プロジェクト活動。

などなど、我々ZESDAは、スピード感をもって想いをカタチにする生きた組織なんです。

 そして2018‐19年に掲げられたスローガンは「社会化」です。
社会的な経済効果を生む実績を出す、日本を代表するパラレルキャリア団体へ。
そして、日本の雇用を創出する日本No.1のアクセラレーターとなる。

 ZESDAとは何か、一人一人がその原点に立ち返るとともに、今後我々が目指すポジションを再確認しました。

・・・

 後半は、ZESDAと自分の関係を見つめるワークショップを行いました。

 自分にできることって何だろう、自分がやりたいことって何だろう。
ZESDAが自分に求めることって何だろう。プロデューサーシップ?っていったい何だろう。

 その問いをグループワーク形式で自己の体験や考え方を共有しあいました。

f:id:ZESDA:20181125193352j:plain

f:id:ZESDA:20181125193013j:plain

f:id:ZESDA:20181125193305j:plain

 私も夏のZESDA合宿で、田村さん、佐々木さん、稲村さん、古谷さんと
意見を出しあって作成したプロデューサーシップ自分事化ワークフォーマット
「自分サイズZESDA」のワークショップをファシリテートさせていただきました。
理事、運営チームの皆様、このような機会を頂き、ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

 ZESDAのスタッフの多くはそれぞれが違うキャリアを持っており、できることもやりたいことも違う。

 でも普段の仕事などではなしえない、やりたいことや、なにかすごいことが実現できるかもしれない。
だからここに集まってきている。

 自分とZESDAの関係を見つめなおし、また新たなチャレンジへ向かう。
そんなマインド形成ができたワークになったと思います。

 実は、このブログを書くきっかけも、このワークショップなんです。
自分のやりたいことの一つに、「文章力のUP」を挙げていたのを
桜庭さんにキャッチしていただき、機会を与えていただいたのです。

 何が言いたいかというと、ZESDAと自分をマッチングさせるポイントってこんなところにもあるということです。
 
 難しく考える必要は全く無く、自分のやりたいことや、ほかの人のやりたいことを
きちんと聞いて自分なりに考えて、行動したり導いてあげることがプロデューサーとしての第一歩であり、
そんな小さなことの積み重ねがZESDAを強いものにしていくのではないかと思います。

 最後になりましたが、これからもZESDAの活躍をどうぞご期待ください。

10月20日・21日 春蘭の里 業務提携式&公開取材

「持続可能な日本の農村モデルを、春蘭の里で確立したい。」


10月20日夜、奥能登農家民宿群「春蘭の里」の仕掛け人である多田喜一郎氏は、
自身が追い求める地元の未来について、熱い思いを語ってくれました。



***

f:id:ZESDA:20181119232640j:plain


2018年10月20日と21日にかけて、私たちZESDAは石川県鳳珠郡能登町にある農家民宿群「春蘭の里」を訪問しました。
能登半島をいわゆる“親指”で表現するなら、ちょうど第一関節あたりにあります。)


この“農家民宿”という言葉、皆さんご存知でしょうか。
ありがたいことに本ブログをいつもチェックいただいている方や、
地方創生に興味のある方にはお馴染みかもしれませんが、
耳にする機会は、まだまだそこまで多くない気がします。

農家民宿
農家民宿とは一般に農家が自宅や離れなどに観光客を宿泊させるサービスのこと。春蘭の里では、地元食材を使った郷土料理や伝統文化の体験など地域資源を生かしたもてなしが特徴で、山菜採り、まきわり、田植えなどの農業といった日本の農村生活を体験できるアクティビティや、輪島塗の器に、川魚を囲炉裏で焼いたものや、里山で採取される山菜やキノコを盛り付けた料理が提供される。
wikipedia 春蘭の里ページ 農家民宿より抜粋]


農家民宿は、農村の持つ資源を有効活用して、首都圏や海外の観光客を呼び込むことができます。
この農家民宿の運営を地域ぐるみで軌道に乗せられれば、
農業の六次産業化・高付加価値化、インバウンド収入の増加につながり、
ひいては地方が抱える過疎や人手不足といった問題解決の活路を見出せます。
「春蘭の里」は、そんな農家民宿の先駆け的存在です。


f:id:ZESDA:20181119223752j:plain
▲多田氏の自宅を改装した農家民宿「春蘭の宿」


f:id:ZESDA:20181119224038j:plain
▲なんと囲炉裏完備、宿泊の方はここで焼いたお魚も楽しめます。


f:id:ZESDA:20181119224553j:plain
▲一帯には美しい里山の風景が広がります



今回の「春蘭の里」訪問の目的は大きく2つ。
ひとつは、「春蘭の里×ZESDA 業務提携式」の開催、
ふたつめは、新進気鋭の企画ユニット「PLANETS」編集長の宇野常寛氏による、多田氏へのインタビューです。


zesda.hatenablog.com



上記の背景としては、数年来に渡ってZESDAが「春蘭の里」を
お手伝させていただき、今後はより一層、この協力関係と取り組みを
加速させたいという共通の思いが生まれ、
業務提携という契約を結ぶことによって、より密に「春蘭の里」を
サポートできる体制を整えることにしました。

そしてそんな「春蘭の里」の存在と取り組みを大勢の方々に知っていただくため、
日々良質な記事を自社のネットメディア上で企画・配信する「PLANETS」の宇野氏を
能登の地へお招きし、多田氏とのインタビューを実施しました。
(取材記事はまもなく公開予定だそうです!乞うご期待!)



f:id:ZESDA:20181119225055j:plain
▲多田氏指導のもと、きのこ狩り(撮影?)に興じるPLANETSのみなさん


f:id:ZESDA:20181119231630j:plain
▲「春蘭の里」の程近くに位置する、世界一を獲得した「マルガー・ジェラート」での取材の様子



インタビューと業務提携式のいずれも、
多田氏の自宅でもある農家民宿の大広間を開放して
近隣の方々をはじめ、地元の新聞社や役場の職員の皆さん、観光客の方などをお招きして行いました。

結果は20日の公開取材、21日の業務提携式ともにおかげさまで満員御礼、大成功を収めることができました。



f:id:ZESDA:20181119222429j:plain
f:id:ZESDA:20181119225538j:plain
20日夜、多田氏×宇野氏公開インタビュー


f:id:ZESDA:20181119225650j:plain
▲21日、「春蘭の里」×ZESDA 業務提携式


f:id:ZESDA:20181119225743j:plain
▲多田氏と握手を交わす桜庭代表、瀬崎リーダー。


f:id:ZESDA:20181119225853j:plain
▲業務提携式にお越しのみなさんと。




***




スタッフとしてそれぞれの運営に携わってみて、特に印象に残っている多田氏のメッセージがあります。
それは、本記事冒頭の「持続可能な日本の農村モデルを、春蘭の里で確立したい。」という一節です。


f:id:ZESDA:20181119230734j:plain
▲海と山、両方を楽しめるのも「春蘭の里」の魅力です。


f:id:ZESDA:20181119230846j:plain
▲海の幸と山の幸をWで堪能できる食事はもちろん絶品。


日本の地方における農業や農村の収益確保が、仕組みレベルでうまくいっていないこと。
現状が続けば、日本の農村の大多数が、そう遠くない未来に不可逆的な危機に陥ること。
若者たちはそんな現状を感じ取り、自分の将来を都市に求めていくこと。
能登町を含む日本の農村は、このままでは持続すら危ういこと。


f:id:ZESDA:20181119232223j:plain
▲オランダ風建築の立派な一軒家。空き家になって久しいそうです。


多田氏はこれらの問題を、非常に重く受け止めており
そして、受け止めたうえで、当事者としての危機感と未来の世代への責任感を持ち、
様々な活動に精力的に取り組んでいると話してくださいました。


f:id:ZESDA:20181119231857j:plain
f:id:ZESDA:20181119234124j:plain
▲「春蘭の里」の人気スポット、廃校をリノベーションした宿泊施設「こぶし」。
 宿泊に加え、地元のお母さん方特製ランチが楽しめます。
 

そんな多田氏と春蘭の里が確立を目指す「持続可能な農村モデル」実現の
第一歩として、クラウドファンディングがスタートしています。

【11/23まで!】「春蘭の里」クラウドファンディング

camp-fire.jp

中日新聞さんにも記事として取り上げていただきました

www.chunichi.co.jp



「春蘭の里」は非常に美しく、豊かで、魅力的な場所です。
本記事や写真等を通して、ご興味ご関心を持った皆様、ぜひご協力いただけると幸いです。

また願わくば、ぜひ一度足を運んでみてください。
文章でも写真でも味わえない、五感で楽しむ体験こそが、
「春蘭の里」の醍醐味です。

(本記事はZESDAスタッフ 佐々木が担当しました。)



★ZESDA公式 twitter & Instagramアカウントができました★
日々の活動の様子をお届けしていきます!
今回の春蘭訪問の写真もたくさんアップしておりますので
ぜひフォロー&いいねお願いいたします。

twitter
twitter.com

Instagram
NPO法人ZESDAさん(@zesda) • Instagram写真と動画