ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


講演「プロデューサーシップのすすめ」11/19(金)20:30~22:00【開催告知】

当団体の桜庭代表が「アジア人の会」(WAA:We are Asian、代表世話人:田辺孝二氏(東工大名誉教授)、潜道文子氏(拓殖大学 商学部 教授 (副学長))にて講演します。

参加方法等は以下のとおりです。

■テーマ:「プロデューサーシップのすすめ」
■講師:桜庭大輔 (NPO法人ZESDA代表)
■開催日時:2021年11月19日(金) 20:30~22:00 講演・意見交換
■開催方法:ZOOMによるオンライン開催  
■参加方法:
 ご参加の方は、次のPeatix(ピーティックス)へお申し込みください。
 https://waa202111.peatix.com/
 会合当日の11月19日(金)19時まで申込可能です。
■参加費:社会人500円、学生無料

<講師からのメッセージ>
頑張っている人に、周りの人が、色々な資源を注ぐスキル。それが「プロデューサーシップ®」です。言ってしまえば簡単ですが、今の日本が抱える大問題を一気に解決できる決定的なコンセプトです。
今の日本産業イノベーション力が弱っています。しかも、日本は2024年には50歳以上が全人口の過半数を占める高齢社会です。国際競争で生き残っていくには、ベテランの奮起が必要です。
そもそも、イノベーションは、イノベーターよりも周囲の「仕掛け人」達がカギを握っています。ベテランには、若者たちが羽ばたけるよう自らの信用やリテラシーを注ぎ込むスキル、すなわち「プロデューサーシップ®」が求められます。
また、今の日本は、労働生産性が低いです。多すぎる調整業務に身をやつす日々のなかで、自分が社会にもたらす価値に自信が持てない「調整マン」化したビジネスパーソンは多いです。
しかし、調整業務を通して培った信用やリテラシーを転用すれば、大きな付加価値を産むことができます。すべての営業職・事務職・コンサルタント・公務員等は、「プロデューサーシップ®」を身に着ければ、労働生産性を飛躍的にアップさせることができます。
今回の講演では、ベテランも調整マンも、「プロデューサーシップ®」を身に着けられるよう、新刊「プロデューサーシップのすすめ」(紫洲書院)を引きながら理論と事例をご紹介します。
起業やイノベーションに関心がある方、「プロデューサーシップ」を身につけてスキルアップしたい方など、ぜひご参加ください。

■講師プロフィール
桜庭大輔(さくらば だいすけ) NPO法人ZESDA代表/国家公務員 等
東京大学法学部卒。東京大学法学政治学研究科、LSE、オックスフォード大学で修士号を取得。
官庁勤務のかたわら、2011年、NPO法人ZESDAを創設し、パラレルキャリアでグローカルビジネスをプロデュースする活動を展開中。
そのほかNPO法人Policy Garage監事、研究・イノベーション学会にプロデュース研究分科会共同主査等、官業を補完する各種活動に従事。
現在はニューヨーク勤務。Twitter: @sakuchaan

■講師からのご案内
グローカルビジネス(地方企業の海外進出)、②プロデュース(イノベーターに経営資源を注ぐことで価値を産むビジネスノウハウ)、③パラレルキャリア(本業の人脈と知見を転用した挑戦)、にご関心を持たれる方に無料でメールをお届けします。よろしければご登録ください。
【ZESDA Community ML 登録フォーム】
https://forms.gle/ytChwW3uiQHXMimZAforms.gle