ZESDA's blog

日本の技術と世界のニーズをつなげるプロデューサーの支援・育成を通じて日本企業のグローバル競争力の強化を目指すNPO法人ZESDAのブログです。

プロデューシング・システムを創ることで、日本経済の活性化を目指す、NPO法人ZESDAのブログです。


中小企業だからこそ実現できる東南アジア進出戦略~東南アジアで実績を残す経営者のあり方~【グローカル・ビジネス・セミナー】2/7無料オンライン開催

NPO法人ZESDAは、2月7日(月)に第16回グローカルビジネスセミナー『中小企業だからこそ実現できる東南アジア進出戦略~東南アジアで実績を残す経営者のあり方~』を開催します。

NPO法人ZESDAが明治大学奥山雅之研究室と共にお届けするグローカル・ビジネス・セミナー。第16回は、KANTAN株式会社代表取締役 横川敏幸氏と株式会社Go Bound代表 日比健人氏をお招きし、日本の中小企業が東南アジアに進出するときの戦略についてお話いただきます。

事業を海外に展開しようとお考えの中小企業が増えています。
ただ、海外といってもあまりに広く、どの国に進出すればいいのか定めることは簡単ではありません。たとえ進出国を決めたとしても、最初にとるべきアクションが一体何なのか、漠然としているというのが現状のようです。

そこで今回は、KANTAN株式会社代表取締役 横川敏幸氏と、株式会社Go Bound代表 日比健人氏をお迎えし、日本の中小企業が海外、特に東南アジアに進出にはどうすればよいのか、次のような観点からお話いただきます。
・なぜ今、東南アジア市場なのか
・東南アジアにおける日本製品の可能性・市場性
・現地輸入代理店を起用するビジネスモデルの優位性
・優秀な現地代理店を確保するためのポイント
・輸出事業を成功させる3つのポイントと経営者に必要な心得

お二人は商社時代に海外での事業展開を経験されており、独立後、多くの日本の中小企業の海外進出を支援されてきました。そういった実績を元に、セミナー前半では東南アジアに進出する中小企業がとるべき戦略について、お二人の具体的なご経験やサポート事例を交えながらお話いただく予定です。
さらにセミナー後半では明治大学奥山教授のモデレーターのもと、東南アジア進出のポイントや現在の日本中小企業の課題を深掘りしつつ、参加者からも自由に質問を募りながらディスカッション形式で進めていきます。

ぜひご参加下さい。
f:id:ZESDA:20220124052936j:plain

■第16回ZESDA×明治大学グローカル・ビジネス・セミナー
 中小企業だからこそ実現できる東南アジア進出戦略~東南アジアで実績を残す経営者のあり方~
■講師(敬称略)
・横川 敏幸(KANTAN株式会社 代表取締役
・日比 健人(株式会社Go Bound 代表)
・奥山 雅之(明治大学政治経済学部 教授)
■日時:2022年2月7日(月) 19:00~
■会場:オンライン
 ※お申し込み後、ZOOMリンクを送らせていただきます。
■参加費:無料
■参加申し込み:https://zesda.jp/ja/glbs016/
zesda.jp